【学生必見】夏休みがなくなる!?夏休み廃止は本当でいつから実施される可能性があるか調査

全記事

※アフィリエイト広告を利用しています

小中学生がいる困窮世帯の6割が「夏休み廃止・短縮希望」というニュース・記事が話題に

これだけSNS上で話題になっているから話し合いは進んでいるのではないか?と気になる方も多いのではないでしょうか!?

そこで、この記事では「夏休み廃止ニュースは本当なのか?いつから実施されるのか?」について調査した内容をまとめて行きます!

✔この記事を読めばわかること
・夏休み廃止ニュースは本当か嘘なのかについて
・【考察】夏休みが廃止と言われている背景について
・夏休みが廃止になる可能性について
・夏休み廃止はいつから始まる可能性があるか

小学生や中・高校正にもわかるように簡単にまとめていくので気になる方はぜひご覧ください♪

夏休みがなくなる!?夏休み廃止はいつから実施される可能性があるか調査

先に結論を書いておくと、「夏休み廃止される」という事実は現状有りません!

調べた情報によると…

「夏休み廃止」について調べてみた結果
・小中学生のいる世帯の計60%が、子どもの夏休みを負担に感じている
→「なくてよい」が13%、「今より短い方がよい」は47%

となっていました!

調査したのは「5月下旬から6月上旬にインターネットで実施。小中学生がいる約1400世帯」なので、約840世帯が負担に感じているという結果になります!

【考察】夏休みが廃止と言われている背景について

現時点で「夏休みが廃止」と言われている主な理由は話題になっているからだと思われます!

SNS上に多くの賛成・反対意見が書き込まれているため正式に発表される日も近いかもしれませんね…

くろ
くろ

え?「夏休み廃止」が本当じゃないならなんで話題になっているの?

どんな理由があって、大人たちの60%が「夏休み廃止」をお願いしているのかな?

夏休み廃止を訴える声は、コロナ後~最近目立つようになってきた印象があります

理由としては…

ちょっとだけわかりやすく解説
①コロナ
→コロナ感染や学級閉鎖等で自宅待機時間が増え、夏休み同様にご飯を作ったりすることが必要になってきたため

②円安の影響
→エアコン等の電気代も高騰により家計の負担
→今までは100円で変えていたものが、150円近くに値上げしているため
(例)300円で3個買えていたのに、2個しか買えなくなってお金が必要になっている

上記の影響が強いのでは無いかと考えられます!

ぽこ
ぽこ

順番に見ていきましょう♪

解説が無くても別にいい人はスキップしてもらって大丈夫です!

夏休みが廃止と言われている理由①コロナ

夏休み廃止説が出てきた理由としては「コロナ期間中の日曜授業・夏休み登校」が関係しているとおもわれます

✔コロナが影響していると考える理由
①コロナで夏休み以外も自宅にいる時間が増えた
②コロナの影響で公園・外で遊ぶ機会が減った
③日曜授業・夏休み登校を行っていた事実

ざっくりこんな感じの理由があるのかなと思われます…

コロナが流行するまでは基本的に長期休みはありませんでした

そのため、子供が長い日数家にいる習慣がなかったため、コロナ期間中で大変な思いをしたことが原因かと思います

夏休みが廃止と言われている理由②円安の影響

夏休み廃止説が出てきた理由としては「円安の影響」が関係していると思われます

円安が影響していると考える理由
①給食が無いと家で作らないと行けないため食費増加
②日中あつくなるとエアコンをつけるため電気代増加
③物価上昇により仕事量を増やす家庭の増加

といった理由があげられます

学校があることで「食費・光熱費を下げて、仕事量を増やし収入をアップできる」環境をつくれるので、多くの人が望んでいるんだと思います…

くろ
くろ

確かに家にいたら食費・光熱費がかかるのはわかるけど…

子供が家にいてお金かかるから学校に行ってほしいって、かなりすごいことだよね(笑)

物価がここまで上昇してなかったらこんなことにはなってないと思うけど

ぽこ
ぽこ

給料は上がらないで、物価だけはどんどん上昇しているので親もしかたなく…って感じだとおもうけどな…

政治家さんたちに頑張ってもらってなんとかしてほしいですね…

夏休みが廃止になる可能性について

夏休み廃止の可能性は「限りなくゼロに近い」と思われます!

ですが、将来的に夏休み短縮は行われる可能性が高いです

順番に見ていきましょう♪

夏休み廃止の可能性が限りなくゼロに近いという根拠

根拠としては「社会人ですら1週間近い休みがある」ということです(ブラック企業を除く…)

そのため、完全に夏休みがなくなる可能性はほぼ無いと言っても過言では無いと思います!

また、「夏休み 意味」で検索してみると…

「夏休み 意味」の内容ざっくりまとめ
夏休みは子供たちを正規の授業から開放するために作られている

といった理由があるように、日数は減るかもしれませんが、無くなることは有りません!

将来的に夏休み短縮は行われる可能性が高い

調査した世帯がどんな人達なのか不明ですが…60%が声をあげているということも有り反映される可能性は十分にあります

また、休みを減らす=将来的に休みが少なくても大丈夫に結びつく部分もあるため、前向きに迅速に検討される気がします(笑)

少子化が進み、これからも年金・保険制度が続いていくのであれば今の子供達の世代に大きな負担がかかることが確定していますからね…

そいうった部分も考えると夏休みは20日前後になる可能性はある気がしますね…

夏休み廃止はいつから始まる可能性があるか

始まる可能性については「早ければ来年から」になると思われます

現時点で「夏休み廃止」が議論されているわけではないので、なにごともなく終わる可能性も高いですけどね(笑)

個人的には夏休みの思い出はおとなになってからもなんだかんだ覚えているので、廃止・短縮には反対です

まとめ

いかがだったでしょうか!?

現時点では「夏休み廃止」についてはただの噂でしかありませんので、安心してください!

この記事のまとめ
夏休み廃止ニュースは本当か嘘なのかについて
→現時点(2024/07/02)ではただの噂レベル

夏休みが廃止と言われている背景について
→コロナ期間・円安が関係しているのではないか…

夏休みが廃止になる可能性について
→廃止になる可能性は限りなくゼロに近い/短縮の可能性は大

夏休み廃止はいつから始まる可能性があるか
→早ければ来年から…このまま何も変わらない可能性も十分にある

コメント